この記事は……。

  • 性感染症を予防したい
  • HPVのワクチンを打ちたい
  • パートナーを守って幸せな時間を作りたい

こんなことを考えている人にオススメの記事です。

 

 

HPVは男女感染します。
とくに女性はHPVによる子宮頸がんの感染がほとんどです。
男性では中咽頭がん、陰茎がん、肛門がんなどの性交に関わる部位でのがん化に関連しています。(60?90%程度の割合がHPV感染によるものとされています)
そのためHPVに感染している男性から、
性交によって女性へと感染させてしまった場合は、
これらのがんを引き起こさせてしまう可能性が非常に高まります。

 

【ぺいるーと】でHPVワクチン接種のメリット

男性がHPVワクチンを接種するメリットは、
性交時のパートナーからのHPV感染を防ぎ、
未然に『がん』を回避することにあります。
ですが「【ぺいるーと】」でワクチン接種をするならほとんど費用はかかりません。

 

HPVワクチンは高い!?でも【ぺいるーと】なら安心

まだ日本では承認されていないので、
自費でHPVワクチンを接種すると数万円以上?の高額な費用がかかります。
ですが「【ぺいるーと】」の治験に参加すれば、
費用は交通費や初診料・再診料のみ!
また治験参加者は「負担軽減費」として支払われるお金を受け取ることができます♪
ほとんどお金を払わずにワクチンをうってもらえるんです。

 

 

【ぺいるーと】の信頼性

【【ぺいるーと】】は業界トップクラスのモニター数を誇っており、
東京では治験実施数は全国No.1の実績があります。

 

【ぺいるーと】の治験はどこで受けられる?

HPVワクチンのワクチン接種は
茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京都/神奈川/大阪府/京都府/兵庫/奈良
などなど全国から受けられます!
↓のリンクより公式サイトにアクセスできます。

 

【ぺいるーと】で不安や不幸を未然に防ぐ

がんは一度かかると重症化しやすい病気です。
また金銭的・精神的にも多大な負担がかかります。
ですが【ぺいるーと】の治験に参加すれば、
そんな不安を未然に防ぐことができます。
パートナーと幸せな時間を送りたいなら
何よりも優先して治験に向かうことを強くオススメします。

 

 


 

ガンが治る人

 

 信頼できるところから情報を集める

 

ガンが治らない人

 

 間違った少ない情報におどらされる

 

 ガンについてのおもな情報源には、主治医、ガイドライン、書籍あるいはインターネットがあります。

 

主治医に確認しておくべきこと

 

 まずは主治医から、現時点での診断と考えられる治療法についてくわしく説明してもらいましょう。次のことは、必ず確認するようにしてください。

 

@ガンの部位および進行度(ステージ)

 

 ガンがどこの臓器のどの部位にあるのか、そして、どのくらい進行しているか(ステージ)を聞きます。

 

 一般的に、ガンのステージは、腫瘍の大きさや広がり、リンパ節転移の有無、および離れた臓器への転移の有無で決まります。

 

 日本では、「癌取扱い規約」というルールブックにしたがって、ステージ分類します。

 

A主治医がすすめる治療法と代替案(それ以外の治療法)

 

 主治医が最もすすめる治療法はどれか、また、その理由について聞きましょう。それ以外の考えられる治療法についても確認します。

 

B治療の目標(根治・延命・緩和)

 

 ガン治療の目標は、大きく分けて、

 

・根治(ガンを完全に治すこと)

 

・延命(ガンの進行を抑え、できるだけ長生きすること)

 

・緩和(ガンにともなう症状や苦痛を和らげること)

 

 の3つがあります。

 

 主治医に、治療の目標を聞きましょう。また、後でくわしく述べますが、ガンの治療中に目標が変わることもありますので、主治医とつねに現時点での目標を共有しましょう。

 

C治療にともなうリスク(合併症・副作用・後遺症など)

 

 ガンの治療には、必ずリスクがともないます。手術であれば合併症や後遺症、抗ガン剤治療では副作用、また放射線治療では副作用や後遺症がでることがあります。リスクについても、くわしく聞きましょう。

 

D治療が効かなかった場合の対応策

 

 もし当初の治療法がうまくいかなかった場合、次の治療手段があるのかについても確認しておきましょう。

 

標準治療をガイドラインで確認する

 

 主治医からの情報をもとに、自分でもガンの治療法を調べてください。

 

 標準治療は、ガイドラインで確認することができます。

 

 

 ガイドラインは、「乳ガン」「肺ガン」「胃ガン」「大腸ガン」など種類(臓器)別になっています。『**がん治療ガイドライン **年版』のように、今ではほとんどの種類のガンに対応したガイドラインが出版されています。

 

 ガイドラインには、「このステージのこのガンに対しては、この治療がすすめられる」といった具合に、推奨度とともに治療が記載されています。

 

 自分のガン(ステージ)では、どんな治療がガイドラインですすめられているかを知っておきましょう。

 

 ガイドラインは書店やオンラインで購入することができますし、学会(日本癌治療学会など)のウェブサイトで見ることもできます(ただし最新のバージョンではないことがあるため注意が必要)。

 

 乳ガン、大腸ガン、膵癌(膵臓ガン)については、医療者向けのものとは別に、患者さん向けのわかりやすいガイドラインが発刊されています。

 

 また、ガイドラインは数年で改訂されますので、必ず最新のものを入手しましょう。以前のガイドラインですすめられていた治療法が、新しいガイドラインではすすめられていないこともあります。

 

本の宣伝≠ノまどわされてはいけない

 

 ガイドライン以外の書籍にも、ガンの診断や治療についてわかりやすくまとめたものがあります。ただ、一般の方に向けたガンの標準治療に関するものは少なく、闘病記や非標準治療(代替医療)についてのものが多いようです。

 

 ガンを克服した人の闘病記は、生活面や心構えで役に立つ場合もありますが、治療については参考程度にとどめておくべきです。

 

 ただ、非標準治療の本については宣伝目的のものが多く、あまりおすすめできません。

 

 特に「**だけで末期ガンが消えた」といったセンセーショナルなタイトルの本は、信用できないと考えてください。また、「ガン放置論」といった標準治療や医療そのものを否定した内容の本も多いのですが、1つの考え方として中立的な立場で判断することが大事です。

 

インターネットの情報は、発信元に注意する

 

 インターネットやスマートフォンの普及にともない、今はどこからでも簡単にインターネット上の情報にアクセスできるようになりました。

 

 実際に多くのガン患者さん(あるいは家族)が、インターネットを利用してガンの情報を集めています。しかし、インターネット上のガンについての情報は玉石ぎょくせき混淆こんこうであり、信頼に値する正確な情報を発信しているウェブサイトは少ないのが現状です。

 

 インターネットから正確な情報を集めるためには、まずは公的な機関(国の機関や大手の製薬会社など)が運営している信頼できるウェブサイトにアクセスすることです。

 

 インターネット上のガンに関する情報のうち、たくみに民間療法の病院や高額なサプリメントなどの広告へ誘導するウェブサイトもありますので、注意が必要です。

 

 特に、極端な表現(この治療法、サプリメント、食べものだけで末期ガンが治った、等)を使ったウェブサイトの情報に振り回されないようにしましょう。

 

なぜ人間はがん≠恐れるのか?

 

 がんが怖くない、人はいないでしょう。私たちががんを恐れるのは「がんになると死んでしまう」と強烈に意識するからです。ところが、がんになろうとなるまいと不死の人間などいません。私たちは誰もが、永遠に生きられないことを知っています。

 

 いろいろな方に「何歳くらいまで生きたいですか」と尋ねると、「親が亡くなったときの年齢は超えたい」とか、「平均寿命くらい」など案外欲のない答えが返ってきます。しかし、その目標年齢に近づいたり超えたりしていても、「もう十分生きたからいつ死んでも大丈夫」という人はあまりいません。そのときの自分の体調に異常がなければ、死ぬという状況を想像できないからでしょう。

 

 ところが人間は、がんのような大きな病気にかかった途端、強烈に「死を迎えるかもしれない」と意識し始めます。たとえ自分が想定していた目標年齢をすでに超えていたとしても、多くの方はやはり突然焦り始めるものです。

 

 このときの患者さんは、「死ぬ」とはどういうことなのか、よくわからないまま本能的な恐怖を抱いているだけというケースも多いように見受けられます。

 

 昔はお年寄りを自宅で看取るのが当たり前でしたから、人が亡くなっていくのを見届ける機会もありました。しかし現在は親や祖父母と離れて暮らす人も多くなっています。だから「死」とはどういうことなのか、よくわからないのかもしれません。

 

 仮にがんだと言われても、いまは普通に暮らしている自分が、どのような過程を経て死を迎えるのか。それが想像できないからこそ、恐怖心が募るのでしょう。

 

 しかし逆にいえば、理解さえすれば恐怖は薄れる、ということです。怖いかもしれませんが、死とはどういうことなのか、肉体の変化の面から整理してみましょう。

 

「死ぬ」ということは、とりもなおさず、「生きることができない」状態です。つまり生命が維持できない状態になっていることを意味します。

 

 生命を維持できなくなるためには、それ相応の理由が必要です。がんであろうとなかろうとその理由を満たす状態であれば、生命を維持できず、最終的に命を失うことになります。次項で生命が維持できなくなる理由を考えてみたいと思います。

 

|「死」の条件

 

 われわれは小指の先ほどの小さい部分でも、ケガをすれば痛いし、思うように動かせないと不便を感じるものです。どこをとっても自分にとっては大事な一部です。しかし生存の条件という観点から見ると、人間の身体の部分は、生きるために絶対必要なものと、必ずしもそうではないものに分かれます。

 

 たとえば、皆さんがもし目を失ったら、あるいは右腕を失ったら、どうなるでしょう。とても不便で不自由になりますが、そのために命を失うことはありません。女性が子宮を失うことはもちろん一大事ですが、生命の維持には関係ありません。男性が前立腺を失っても死ぬことはありません。

 

 しかし心臓や脳、肝臓や肺、腎臓が働かなくなったらどうでしょう。これはもう生物として生きるために必要不可欠な機能を失うことになり、生き続けることはできません。

 

 生きるために必要不可欠な臓器や器官のうち、たった一つを失うだけでも、われわれは生命を維持するための機能を失う、すなわち死を意味します。

 

 しかし生きるために絶対必要な臓器や器官が瞬時に機能のすべてを失うことは、交通事故のような状況でも起こらない限りあまりありません。普通はそれらの臓器の機能は、何らかの原因で徐々に落ちていくことになります。

 

 その何らかの原因とは、多くの場合、さまざまな病気です。重要な臓器の機能が低下し、これ以上低下すると生命を維持できないというレベルをさらに下回ると、「生きる状態を維持できない」、つまりは死をもたらすことになります。

 

 たとえば細菌が肺に蔓延して肺炎がひどくなると、肺の機能が低下します。肺炎の進行状況によっては、生きるために最低限必要な肺の機能を下回る状態になるかもしれません。それが呼吸不全という状態で、これももちろん死ぬ理由となります。

 

 またウイルス性肝炎やアルコールの飲みすぎで、肝臓の機能が低下することがあります。生命を維持できなくなるレベルまで肝臓の機能が低下すれば、それは肝不全と呼ばれる死の原因になります。

 

臓器も年齢とともに衰える

 

 したがってこれらの臓器の機能の低下が、たった一つでも生命を維持できなくなる条件を満たせば、その理由が交通事故であろうが、アルコールの飲みすぎだろうが、感染症であろうが関係なく、生命を失うという同じ結果を生むことになります。

 

 老化による死も同様に説明できます。自分の手の皮膚を見てみてください。若いころに比べれば、しわが増えて水気を失っているでしょう。ところが赤ちゃんの手は、ぷりぷりしていて、いかにも水分たっぷりという感じがします。

 

 誰でも生まれたときはこのような肌をしていたのです。手の皮膚だけを見ても、時間とともに変化していることに気づきますが、このような変化は身体の表面だけに起きているわけではありません。私たちの身体をつくる組織がすべて同じ状況です。

 

 


更新履歴